学校法人獨協学園
HOME
ご挨拶
獨協学園の歴史・沿革
獨協学園の教育理念
獨協学園の組織図
学園各校の入学案内
獨協学園の刊行物
獨協歴史ギャラリー
卒業生の皆様へ
獨協学園の寄附行為
獨協学園の財務状況
獨協大学
獨協医科大学
姫路獨協大学
獨協中学校・高等学校
獨協埼玉中学校・高等学校
未来へ伝える獨協の「知」と「心」
獨協歴史ギャラリー
■ ご挨拶
館内のご案内(Flashファイル)をご覧下さい
 1881(明治14)年、ドイツ学術の啓蒙団体である獨逸学協会が設立されました。ついで二年後の1883(明治16)年、獨逸学協会学校が創立されました。獨逸学協会による、わが国へのドイツ学術移植事業の一環として、なされたものでした。これが獨協学園の出発点となったのです。以来、こんにちに至るまでの幾星霜、私学の中でも、ドイツ語を中心とするユニークな学校として、有為な人材の養成と文化の発展に寄与してまいりました。  わたしたちは歴史ギャラリーを開設するに当たり、本学園の沿革とその精神をなるべく客観的に、わが国近代史の流れの中に位置づけ、示すことを心がけました。獨協学園の歴史が現代の社会に、どのような意味をもつか、明らかにしたいと考えたからです。  来館された皆さまが本学園の永き伝統とよき校風を感じとられ、これまで以上のご厚誼の念を懐いてくだされば幸いです。
獨協学園史資料センター
■ Introductory Message
In 1881, the Doitsu-Gaku Kyokai (German Association) was established for the purpose of promoting German studies. Two years later, in 1883, it founded the Doitsu-Gaku Kyokai Gakko (German Association School), the predecessor of Dokkyo Gakuen (Dokkyo Group of Academic Institutions). From the time of its foundation to the present, Dokkyo Gakuen and the schools under its administration have made a significant contribution to the fostering of outstanding human resources and development of culture as unique private educational institutions focusing on the study of the German language. In establishing this Historical Gallery, we have attempted to place the history and spirit of Dokkyo Gakuen in the context of Japan's modern history and to present them as objectively as possible, in order to determine the significance of Dokkyo in the history of education in Japan. We hope that visitors to the Gallery will acquire a deeper understanding and appreciation of the long tradition and academic spirit of Dokkyo Gakuen.
Dokkyo Historical Materials Center
館内のご案内(Flashファイル)をご覧下さい
■ 所在地
〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1 獨協大学天野貞祐記念館1階
■ 開館時間
月曜日〜金曜日 10:00〜16:45
※土曜日 10:00〜11:45/日曜日・祝日:休館
※獨協大学の入試期間中及び休校日に準じて休館いたします
■ アクセス
日比谷線・半蔵門線直通 東武伊勢崎線「松原団地」駅 下車西口徒歩5分
■ お問い合わせ先
獨協学園史資料センター事務室 TEL:048−946−2800
■ ご案内パンフレットのダウンロード
「DOKKYO HISTORICAL GALLERY」 印刷用PDFファイル(2,068kb)
>戻る
Copyright (c) 2003 Dokkyo, All rights reserved.
館内のご案内